三ツ星レストラン「カンテサンス」初体験レポート

皆様こんにちは、Jasmineです。


ついについに!

念願のカンテサンスで初体験を捧げてきました!!←言い方w

グランメゾン東京を見てから、ずっと憧れていた三ツ星レストランです。

どういう訳か私が伺った日は、「ミシュランガイド東京2022」発表の前日。

絶妙なタイミングで記事にすることが出来ました。(やっぱり私、持ってるわ♡)

レストラン「カンテサンス」

店名の Quintessence(カンテサンス)はフランス語で

直訳すると「真髄」

その道の奥義であると私は解釈します。

東京・北品川にある、フォーマルフレンチ

最年少でミシュラン三ツ星を獲得したことで有名な岸田周三シェフのお店です。

そして15年連続三ツ星記録を更新という偉業を成し遂げたものすごい方です。


お店はガーデンシティ品川の1階に入っています。

レストランの入り口は通常の店舗とは違い、ビルの外側に位置しており、カンテサンスの表記も扉も非常にシンプルなため、隠れ家のような雰囲気を醸し出しています。

そのため、扉を開ける時のワクワク感はひとしお。

お料理

メニューはお任せコースのみ。
(消費税込み31,350円)


どれも美しくて最高に美味しいお料理ばかりで極上のひとときを過ごすことが出来ました。
それ以上の言葉が見つかりませんので、写真を順番に貼っていきます。

先に謝っておきます、お料理の名前が定かではありません。
メニューがないもので、お店の方が口頭で説明してくれたものの、かなりうる覚えになります。
ごめんなさい。


アミューズ
口どけのいいサラッと流れるような一口パイ
香茸と小腸のスープ
山羊のミルクのババロア

上に百合根とスライスしたマカダミアナッツが乗っていました。
酸味とクリーミーさが程よくマッチ。
オリーブオイルとお塩が惹き立ちます。

ちなみに、私がグランメゾン東京を見て、想像だけで再現したババロアは酸味がほとんどないので、本物を食べることが出来て嬉しかったです。
(再現レシピは→こちらから「山羊のミルクのババロアの作り方」

イタリアの中が空洞の野菜、確かプンタレッラかと…
その中にアコヤ貝を入れたパイ包み
白子のポッシェ
爽やかなキュウリのソース

お皿が置かれた後、熱々のオイルとナッツをかけていただきました。
ジュージューいってました。
食感が噛む度に違って、楽しかったです。

海老
白トリュフを追加してもらいました

お料理が到着した瞬間に海老とトリュフのいい香り♡


クエとラビオリ
焼きナスのソース
鳩と菊苣(チコリー)
ピスタチオのデザート
柑橘とグラニダ
名前が分からない
でもホロホロと崩れて美味しかった!
メレンゲのアイスクリーム

ふわりとした極上のデザート♡


計12品でした。(そのうち4品がデザート)

ワイン

飲み物は最初のシャンパン以外は全てペアリングにしました。

以下、載せていきます。
撮れなかったものも数点あります…

もしまた機会があれば、次こそは緻密にメモしてきますね。

感想

ブルジョア~な気分を味わえる至福のひとときでした。

20時半からのコースで約3時間程。

どのお料理もとても緻密で丁寧なのが伝わってきました。

食材の組み合わせ方が斬新で、見た目からは想像できないお味と食感のものばかりで楽しかったです。

ワインも全て美味しかったのと、お店の方の対応が完璧。

夢見心地で帰路につきました。



店を後にする際に、岸田シェフが出てきてくれて、お店の入口で写真を撮りました。

一生の記念になりました♪

岸田シェフ、15年連続ミシュラン三ツ星おめでとうございます。

Jasmine

↓↓良かったらポチってしていただけると、私のモチベアップになります♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村