簡単、自家製ローリエ(月桂樹)

簡単なドライローリエの作り方。干すだけです(笑)

洋風煮込み料理には、ローリエが重宝しますよね。
お料理の香りを格段にレベルアップしてくれます。
ローリエは、スーパー等で購入している方が大半と思います。
私もこれまでは購入したものを使っていました。
そんなに高くないし、手間掛からないし(笑)

でも、お庭に植えたことで、ローリエの葉が大量に手に入るようになったので、今では全て自家製♡

約4年前、長男のタロが産まれたとき、その記念樹に、お庭にローリエを植えました。


ローリエ(月桂樹)の花言葉は「栄光」「勝利」「栄誉」

英語ですと「glory(栄光)」「victory(勝利)」

ってとこです。

古代ギリシャでは、太陽神アポロンの樹と言われ、月桂樹の冠を勝者や英雄に授け、讃えたことが、この花言葉の由来です。

(※月桂樹の冠のことを月桂冠と言います、聞いたことありますよね)

一升瓶よりは、こっちのイメージかな。

これこれ!定番のパック酒!

魔女のじいちゃんも毎夜晩酌にこれを飲んでいました。

こんなのもありました!

今はこんなのまで出てるんですね。

スパークリングまで出してるんです。

美味しそう♡

私は大の日本酒好きでして、つい興奮して色々貼っちゃいました。

(4つ貼りましたけど、これ小さくして上手く横並びとかに出来ないのかな…読者さんに相当読みづらい思いさせてますよね…ごめんなさい)

↑ワードプレス分かる人、見やすくする方法よかったら教えてください(*^-^*)

先に述べたじいちゃんは大酒豪でして、お正月等の親戚の集まりが大好きで、その際は常温の日本酒を二升近く飲む人でした。

私もその血を引いているのか、お酒大好きです。

さすがに二升は飲めませんけど(笑)

…っていつも通り、話がめちゃくちゃ脱線しています。

ローリエの話に戻りますね。

ローリエの花言葉が輝かしくて、男の子にはピッタリと思って植えましたが、よくよく調べてみると…

なんと!

先程の「栄光」「勝利」「栄誉」の花言葉はローリエ全体の花言葉らしいのです。

花と葉にもそれぞれ花言葉があり、

・ローリエの花の花言葉=「裏切り」(怖っっ)

・ローリエの葉の花言葉=「私は死ぬまで変わりません」(向上心なさすぎだろ)

と突っ込みどころ満載の花言葉が…

植えてしまったので、花と葉の花言葉は聞かなかったことにして、今大切に育てています。

市販では見つけられなかったので、楽天で購入しました。

 

まさにこんな感じで、20cmあるかないかの苗でしたが今はこの通りです。

結構な量の葉が茂ってきたので、最近はお料理に使うローリエは購入せず、タロの樹からむしって使っています。
ローリエの樹って、上に長くドンドン伸びて行くので、途中で軸の先端を切ってあげると、脇芽がブワァて出てきます。

形を整えてあげると、不思議の国のアリスに出てくる、女王の薔薇の樹のような可愛い形に仕立てることもできそうです。

可愛いタロのために、可愛く仕立てよう!

剪定頑張ります!

摘んだローリエは、そのまま洗ってお料理に投入してもいいのですが、乾燥させると、もっと香りが強く出ます。


乾燥させる方法は、沸騰したお湯に3秒潜らせます。
あとは干すだけですが、そのまま干すと丸まります。
気にしない人はいいですが、キッチンペーパーに挟んでその上に重しを置くと、売り物のようなピンと真っ直ぐなローリエになります。

魔女は丸くなってもいいので、そのまま干しました。

一ヶ月後です。

カラッカラになりました。

これを枝からむしり、保存容器に入れたら完成です。

少し動かすだけで、いい香りがフワァ~と漂ってきます。

乾燥させたものなので、長期保存出来ますが、カビてしまうと使えなくなります。

瓶の蓋はしっかり閉めて下さいね。

魔女はすぐお料理に使ってしまうので、今のところ1年以上の保存はしたことがありません。

カレーやビーブシチュー、ポトフ等々、洋風の煮込み料理にどんどん使ってみてください。

美味しいこと間違いなしですよ!

ローリエを乾燥させるだけの工程なのに、こんなに長くなってしまいました。

書くと止まらなくなっちゃうんですよね。(余談ばかりしちゃう、うふ♡)

いつもお付き合い下さり、本当にありがとうございます。

愛を込めて♡

jasmine♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です