生ジョッキ缶を再利用して美味しいビールを何度も楽しむ方法!

コロナ渦で家庭での缶ビール消費は右肩上がり。
そんな中発売されたアサヒの生ジョッキ缶、とっても美味しいですよね。
生ビールの泡感と、広い口、飲みやすいし美味しいしおうち時間にはもってこい♪

人気過ぎて生産が追い付かない程です。
フリマアプリで転売されているのを見ると、倍の値段で取引きされています。
店頭でも中々見つけられないので、もし1缶でも手に入れたら大事にとっておいて下さい。

その理由は、生ジョッキ缶の空き缶で、生ジョッキ缶が何度も楽しめちゃうから。


生ジョッキ缶って、中身はスーパードライなのはご存じですよね。
生ジョッキ缶の缶の内側には特殊な塗装がしてあって、その塗装によってモコモコ泡が発生する訳です。

ですから、キンキンに冷やした生ジョッキ缶の空き缶にスーパードライを注げば、生ジョッキ缶を楽しめるのではないかと思いついた訳です。
で、いざ調べてみると…

既にやってる人、何人も居ました(笑)
ですが、泡立ちが悪かった、再利用は出来ないとの書き込みもあってですね。
果たして本当にそうなのだろうかと試してみました♪


結果から先に言います。
再利用出来ます!
とーってもクリーミーな泡が楽しめます♡



ではなぜ、再利用できない人が居たのか。

それは、注ぎ方にコツがあるから。

詳しく書いていきますね。

用意したのは、予めキンキンに冷やした生ジョッキ缶の空き缶とスーパードライ。
スーパードライを空き缶に注いでいきます。

空き缶を斜めにして、内側の側面に滑らせるようゆっくり丁寧に注いでいきます。

(これめちゃくちゃ重要です!)
  ※注いでいる画像がなくて分かりにくいですよね、ごめんなさい。

特殊加工がしてある内側の側面になるべく触れるようにしてゆっくりゆっくり。
すると、スーパードライを3分の2くらい入れたくらいから、空き缶をはみ出るくらいの泡が出てきます。

こんな感じ。
ね♪泡が立って美味しそうでしょ♪
スーパードライはまだ3分の1程残っています。
放置してると泡が溢れてくるので、ここで乾杯♡

少し飲んで、スペースが出来たら残りのスーパードライも投入。

うん、変わらず美味しい!

これは私が初めて生ジョッキ缶を手に入れたときの写真。

上の写真(私が今回実験したやつ)と比較してみても、泡立ちはさほど変わらないですよね。

初めてだったので、こんなに泡立つと知らなくて、写真撮ってる間に泡が溢れてきちゃいました(;´∀`)(ちなみに親子丼とワラビのお浸し♪)

では、他のメーカーのビールを使うとどうなのか

私が大好きなプレモルの香るエールで試してみました♡

結果はこの通り!


あわあわ♡モコモコ~♡

のど越しもいい!

華やかな香りとコクもいい!

最高♪

いつものプレモル香るエールが格段に美味しく感じます。
(元々美味しいけど、更に美味しい)


てな訳で、自分の好きなビールを入れてみるのもいいですよ♡


それにしても生ジョッキ缶、本当にいいアイディア。

アサヒの人すごいです!

いい仕事してます!

というのも、実は前々から缶ビール飲みにくいと思っていたんです。
口が狭くて…
私、缶のジュースとかもあまり飲まない、飲むとしてもグラスに移し替えます。
ですから缶ビールも同じで、冷やしたビールグラスに注いで飲んでいました。

そのひと手間が省けるだけでも嬉しい!

皆さんも、生ジョッキ缶を手に入れたら是非試してみて下さいね。

秋頃からは増産ラインが整い、普通に流通すると思われるので、この記事は今だけ、期間限定みたいになっていしまいますが。

本日も私のブログに遊びに来てくれてありがとうございます♡


Jasmine♡

↓↓↓良かったら、ポチってしてくれるとモチベ大幅アップです♡

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA