簡単、百合根の下処理の仕方。

縁起物の百合根、是非お節などにお使い下さい。

明けましておめでとうございます。

令和初のお正月ですね。

初日の出は見れましたか?

初日の出は1年の初めの縁起物なんです。

(初日の出効果についてはまた違う記事でアップします♪)

我が家は初日の出を見て、近所の神社に初詣に行き、そのあとは家でゆっくりお雑煮とお節料理を食べながら、毎年恒例格付け番組を観ました。

この前、グランメゾン東京に出てくる「山羊のミルクのババロア」の作り方の記事を書きました。

その際に使用した百合根の下処理の仕方を書いていきます。

百合根、あまり食べる機会の少ない食材だと思いますが、高い栄養価と縁起物として、お正月料理にはもってこいの食材です。

百合の花は、西洋では神聖な絵画に度々登場します。

受胎告知に大天使ガブリエルが持って来るお花です。

百合の花は神聖な花として、昔から扱われてきましたが、その根っこである百合根は無病息災・子孫繁栄の意味が込められています。

ですから、縁担ぎとして、お節料理やお祝いの宴に使われることが多いのですね。


おがくずの中に入れられて販売されているものがほとんどです。

おがくずの中から取り出すとこんな感じ。

水でよく洗って下さいね。

蕾のようになっていますので、1枚1枚剥いていきます。

剥いていくと、中から泥やおがくずが出てくるので、それもよく洗って下さい。

傷がついて、茶色いところが目立ちますので、包丁やピーラーを使って、取り除きます。

これで下処理は完成です。

このまま水に浮かべて、冷蔵庫保存で2,3日もちますが、更に長期保存したいのであれば、下処理しないで、おがくずの中に入っていた状態のまま冷蔵庫に入れておけば1ヶ月くらいもちます。

茹でたものを冷凍保存してもいいらしいのですが、私はやったことないので、何とも言えません。(食感とか多少は変化あるのでは?)

ここからは、ババロアに使うように茹でます。

百合根は生だと食べれません。

沸騰したお湯に塩を一つまみ入れて、2分茹でます。

ザルに上げて、熱が自然に取れたらババロアに散らします。

グリド甲州と山羊のミルクのババロア

余った百合根は、お味噌汁やお吸い物、茶わん蒸しに入れたり、煮物にして、使用できますよ♪

サラダに散らして、いつもとは違う食感を楽しむのもグッドです♪

ホクホクの食感が溜まりません。

ふわぁと甘い味がするのも魅力的な食材です。

百合根を摂取することで、食物繊維、ビタミンやカリウム、葉酸が手軽に摂れますよ。

ただ、百合の球根を食すことは避けて下さい!

百合根として食べられるのは、食用に栽培されたものに限ります。

食用以外ですと、毒があるものも。

必ず、食用として出回っているもので調理して下さいね。

では皆様、本日も読んで下さりありがとうございます。

今年も皆様にとっていい歳でありますように。

愛を込めて♡

miss.A♡